« 嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え / 岸見一郎・古賀史健 (ダイヤモンド社) | トップページ | ストロベリームーン »

2017年6月 7日 (水曜日)

健康に働き続けるために

これまでは、内面(アーティスト・チャイルド)を育てるために、ギターを弾いてきました。また、挑戦心を維持するために、テニスを続けてきました。自分の子ども心に対する、良い両親を振舞ってきました。
最近、心境の変化が生じてきたので、ここにメモしておきます。
家庭を持つことを意識するようになって、自然と高齢まで健康に働くことが必要になっていることを実感します。
今年47歳ですから、20年プラスすると、70歳くらいまでは家族を扶養することになりそうです。もちろん人生設計は一人では決められませんがね。
そんな時、心身ともに健康で働くことは重要です。やはり僕の場合、鍵は酒を控える事でしょう。
というわけで、禁酒して3ヵ月。時々、場面に応じて飲んでいますが、ぐっと抑えて、体重も血液検査も良い感じに治まってきました。協力してくれる友人達と相方に感謝です。
 
そして、仕事を通じて成長の実感を得ることも、大切です。今ある環境で、成長可能なことはもちろん実践していきます。そして、シニアで社会の中で活躍するための伏線も、踏み出していきたいです。
ようやく自己啓発っぽい書き込みになってきました。
今のギターとテニスの時間の使い方は、遊ぶことが最終目的ではなく、心身の維持が大切であることを念頭に置いて、続けていきます。もちろん、上手く遊びを楽しみます。
大人のすうらいから、心の内側が消えることはありませんから。

|

« 嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え / 岸見一郎・古賀史健 (ダイヤモンド社) | トップページ | ストロベリームーン »

自己啓発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/65379712

この記事へのトラックバック一覧です: 健康に働き続けるために:

« 嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え / 岸見一郎・古賀史健 (ダイヤモンド社) | トップページ | ストロベリームーン »