« スパイスを用いた肉野菜炒め 処方:AT-2 | トップページ | 不都合な真実2 / アル・ゴア »

2017年11月19日 (日曜日)

スパイスを用いた肉野菜炒め 処方:AT-3

スパイス: コリアンダー・クミン・カルダモン・ターメリック(パウダー)
具材: 玉ねぎ・豚肉こま切れ・じゃがいも
 
処方AT-1のスパイスの組み合わせに、ターメリックの黄色いパウダーを加えてみた。
スパイスの油炒めでタルカを作る過程でターメリックは茶色くなり、いわゆるカレーの香りがしてきた。
インドで「カレー」というと、スパイスを用いた煮物料理一般を指すようなのだが、日本の「カレー」はターメリックを用いた料理全般を指すのであるなということが分かった。
S&Bやハウスのカレー・ルーも、ターメリックが多く含まれていると思われる。
 
少し豚肉を入れすぎたようだ。じゃがいもも入っているので、食べ過ぎてカロリーが高かった。これを作った日から、体重がややリバウンドしている。
最近カロリーのレコーディングを怠っているので、再開もしないといけないなと薄々思っている。
 
 
 

|

« スパイスを用いた肉野菜炒め 処方:AT-2 | トップページ | 不都合な真実2 / アル・ゴア »

男の料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/66060385

この記事へのトラックバック一覧です: スパイスを用いた肉野菜炒め 処方:AT-3:

« スパイスを用いた肉野菜炒め 処方:AT-2 | トップページ | 不都合な真実2 / アル・ゴア »