« インドネシア・バリ島で火山噴火 | トップページ | 漫画 君たちはどう生きるか / 原作・吉野源三郎 漫画・羽賀翔一 (マガジンハウス) »

2017年12月 1日 (金曜日)

アーユルヴェーダ入門 / 上馬場和夫・西川眞知子 (地球丸からだブックス)

スパイス料理を少し作ってみて、インドの医食同源を知ろうと本書を読んでみました。
アーユルヴェーダの考え方について、非常に分かりやすく・詳しく記載されています。
 
体質や心をそれぞれ三つの要素で分類し、そのバランスを保つことについて書かれていました。
医食同源が、白湯からスパイス、肉・炭水化物・野菜まで全ての食材に適用されることが新鮮でした。中国医学の薬膳とはまた違うようです。スパイスの種類の性質・薬理効果についてはまだ分かっていなかった時代の、最古の医療哲学です。
 
近年、東洋医学のホリスティックな考え方に通じるような、西洋医学上の発見が相次いでいます。今年から放映されているNHKスペシャル「人体」にも、人体の全てが有機的に連携を取っているというホリスティックな全体像が描かれようとしています。
 
「医食同源で未病を治す」「食医」というコンセプトには賛成です。
しかし、未病を通り越して病気になったら、やはりサイエンスベースの西洋医学に頼る方が確実です。「免疫力を高めたい」といったホリスティックなアプローチをしたいときに、家庭でアーユルヴェーダや中国医学の東洋の考えをうまく取り入れたら良いと思います。
確かに、ノンアルビールや冷水を控えて白湯を飲むようにしたら、睡眠がうまく取れるようになりました。朝の太陽が気持ちよい。
一方で先日、目が真っ赤に充血して痛痒くなり、目やにが出て困りました。
その時にアーユルヴェーダについて話し合っていた相方が、「水分を控え」「視力を使わず」「早く寝る」といった方法を良かれと思って勧めてくれたのですが、朝だるい体を起こして、洗顔しても、どんどん目やにで目が開かなくなり、とうとう職場の同僚のアドバイスもあって眼科を受診しました。
結果、結膜炎でした。消炎剤(成分:フルオロメトロン)と抗菌剤(成分:モキシフロキサシン)の点眼薬を処方され、快方に向かっています。
 
ホリスティック志向とサイエンス志向の両方で、うまくバランスを取ろうと思います。

|

« インドネシア・バリ島で火山噴火 | トップページ | 漫画 君たちはどう生きるか / 原作・吉野源三郎 漫画・羽賀翔一 (マガジンハウス) »

本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/66107496

この記事へのトラックバック一覧です: アーユルヴェーダ入門 / 上馬場和夫・西川眞知子 (地球丸からだブックス):

« インドネシア・バリ島で火山噴火 | トップページ | 漫画 君たちはどう生きるか / 原作・吉野源三郎 漫画・羽賀翔一 (マガジンハウス) »