« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水曜日)

伝え方が9割 / 佐々木圭一 (ダイヤモンド社)

苦労を経験して成功したコピーライターの著者が、言葉の伝え方次第で相手がうなずいてくれることを紹介し、言葉の紡ぎ方をエッセンスとして紹介している。
 
僕は思っていることを全部話しちゃうので、それは良くないそうだけど、せめてメールくらいはアサーティブ・相手の気持ちに寄り添った書き方をしよう。
 
彼女をデートに誘いたい人は、必読の書。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽は楽しむためのもの

新年になって、ずいぶんギター演奏からは遠ざかっていました。
でも月2,3回、レッスンに通って先生とギターを何となく鳴らして雑談しています。
 
ギターを習い始めた頃は夢中になって、音楽を通じてどうやって自己実現をしようかと考えていました。
今新しい生活を始めてみて思うのは、ギターをあきらめるのではなく、細々とでも続けようということ。折れない心: GRITです。
 
音楽は楽しめればそれでいいと思うのです。音楽の目的は、楽しむことなのです。
挙式の準備をする過程で BGMの選曲をしたのですが、そんな小さなプロデュースもとても楽しかった。
音楽の楽しみ方は幅広く、楽しければそれでいい。
音楽が隣にあれば、生活に彩りと香りが加わる。
 
肩肘張らないスタンスで、今後も音楽を楽しんでいこうと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土曜日)

ストレス打破

出勤すれば仕事でも、帰れば結婚式の準備でも、かなり追い込まれていて、昨晩は禁酒を破ってみたくなりました。
自宅近くのホルモン焼き屋に入店し、本物のビールをぐびりと飲んでプハー。
酒ってこんな味だったでしょうか。
 
相方を店に呼び、二人で焼肉の七輪焼きを摘まみました。相方はノンアルドリンクでした。
非常に良いお肉を焼いて旨かった。
 
結局この日に飲んだのは、ビール1とハイボール1でしたが、良い感じに酔っぱらって眠くなり、帰って挙式の打ち合わせで生返事をしていたら相方が怒りだし、言い訳がつかなくなりました。
 
翌朝は目覚ましなし(久しぶり!)で 9時に起こされ、水をがぶ飲みして一日を始めました。
かなりアルコールに弱くなっていますね。
 
 
体重計に乗ると、、2kg増量。。
酒飲んで、肉食って寝たら、そりゃリバウンドします。。
 
でも今日はお籠もりで、一日ゆっくり過ごします。様々な外での用事は、明日に回します。
 
 
ランチに相方の作ってくれた、トマトソースのパスタが旨い!
夜は、僕が久しぶりに味噌鍋を煮込んでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火曜日)

アラスカ湾で大規模な地震

米地質調査所によると、米アラスカ州南部コディアック島の南東沖約280キロの海底で日本時間の23日午後6時31分、マグニチュード(M)7.9の大規模な地震があった。
震源の深さは約25キロ。
日本では津波は観測されなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草津白根山・鏡池火口で噴火

23日午前10時ごろ、草津白根山の鏡池付近で噴火が起き、スキー客達を多数の噴石が襲った。負傷者あり。
また、自衛隊に深刻な犠牲者が出た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首都圏にも大雪

寒さと低気圧で、昨晩は東京にも大雪が降り、交通機関がマヒして帰宅の足が混乱した。
僕の職場では午後から早く帰るよう勧告が出た。
 
僕は30分ほどの徒歩で通勤している。電車でも通えるが、それでも駅から多少歩いて30分くらいかかる。昨晩は横殴りの雪だったので、電車を利用して帰宅した。
 
鍋の買い物をして帰宅すると、珍しく相方が先に帰ってきていた。相方も鍋の用意を買っていた。
野菜たっぷりの鍋をハフハフ言いながら食べると、心も温まる。
大雪でも、家に帰れたらこんなに良い時間があるじゃないか。
 
 
一晩明けて、積もった雪は凍り付いている。
登山用のトレッキングシューズで今日は早めの時間に出勤しよう。
転ぶ可能性があるので、洗える厚手のジーンズで出勤してしまおうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火曜日)

震度4以上の地震(2017/7/3~2018/1/15)

地震の発生日時   震央地名       深さ   M    最大震度

2017/7/7   21:48   福島県沖        66km  M4.9    4
2017/7/11 11:56   鹿児島湾        10km  M5.3    5強
2017/7/20   9:11   福島県沖        46km  M5.8    4
2017/8/2    2:02    茨城県北部      9km  M5.5    4
2017/8/2    7:15    茨城県南部      48km  M4.6   4
2017/8/24 14:34   鹿児島湾        7km  M4.4    4
2017/9/8   14:20   熊本県熊本地方   14km  M4.1    4
2017/9/8   22:23   秋田県内陸南部    9km  M5.2   5強
2017/9/9   11:42   秋田県内陸南部    9km  M3.4   4
2017/9/10 17:44   浦河沖         43km  M5.6    4
2017/9/27   5:22   岩手県沖        35km  M6.1    4
2017/10/6 23:56    福島県沖       53km  M5.9  5弱
2017/11/1   0:46   鹿児島湾         9km  M3.8    4
2017/11/3 12:45    十勝沖          66km  M5.0   4
2017/11/11 1:38    宮城県沖       59km  M4.7    4
2017/11/17 10:02   福島県沖       48km  M4.8    4
2017/12/2    0:12   茨城県南部      43km  M4.4    4
2017/12/6    0:13   長野県中部      10km  M5.3    4
2017/12/16  2:58   岩手県沖        52km  M5.5    4
2018/1/6     0:54    東京湾        71km  M4.7    4
2018/1/14  18:07   浦河沖          41km M4.7    4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土曜日)

サイエンスフィクション(SF)

昨年、星新一賞というSF小説の公募に作品を応募していました。
未来型のAIが震災の起こる日付を予言するというあらすじで、その震災の予定日が2018年2月22日でした。現実の世界ではもうすぐですね。
妄想とも不安ともつかないモヤモヤをストーリーにして、公表したかったのです。
 
賞の審査過程で、この作品は予選落ちしてしまいましたが、そこで描いた未来型のAIが、アメリカの大家電市CES2018の報道を聞くと現実の物になり始めているように感じたので、ここにメモしておきます。
 
小説ではエンジニアが量子コンピューターチップを用いて、飛躍思考に富んだAIを創り、ストーリが展開します。
僕が注目したのは、CESで公開されたインテルのコンピューターチップのニュースでした。
 
■量子ビットが49ビットのコンピューターチップが発表された
現在の報道では、量子コンピューターは計算が速いということが全面に言われているのですが、量子もつれは何か、「意識」と関係があるという気がしています。
量子力学では、量子もつれは「観測」によって結果が収束して決まることになっています。
観測って意識に情報が入ることですよね。
だから意識と量子もつれは密接に関係することだと思うんです。
量子ビットに49のもつれが並列できるようになった。このもつれにどこかの意識が干渉することは起こりえないだろうか。そしてこの量子コンピューターチップでAIを作ったら、きっと宇宙の意識みたいなサムシンググレートが干渉することが起こりえるんじゃないだろうか。
そんな気がしています。
 
■脳細胞のつながりを模倣したコンピューターが設計されている
「CPUとメモリー」という構成でなく、CPUが一つの脳細胞のようになって互いに接合して全体が複合体の脳のように機能するコンピューター。そんなコンセプトが現実になってきています。
これと量子ビットが複合するようになったらどうなるか。
AIがひとつの意識となって、我々の脳と干渉する日も近いのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日曜日)

疲れない体と折れない心の作り方 / 葛西紀明 (東洋経済新報社)

スキージャンプで40代でオリンピックメダルを取った葛西選手が、アラフォーからの心身のメンテナンスについて秘伝の極意を記している。
 
僕の書棚では、健康本の部類に属する。同世代の選手の著書で、一気に読んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来の年表~人口減少日本でこれから起きること / 河合雅司 (講談社現代新書)

少子高齢化、人口減少による日本の危機が未来の年表であぶりだされ、その解説で問題の根本を見抜いている。そしてそれを柔軟に受け入れる姿勢と、一方で過激とも映る対応策を示している。
 
環境問題が次世代の地球資源を食いつぶしているのに対し、少子高齢化問題では現在の社会問題が次世代の社会への根深い格差やハラスメントに発展する。
 
本書では、人づくりに「人材」という言葉を使い、労働力の育成の観点から若い世代の教育や進路推奨を論じているが、次世代の若い立場に立つと乱暴な話だ。
夢のない社会で、老人を肩車して生きる若者を考えてほしい。
 
甥や姪の行く末を案じて、非常に切ない思いに捕らわれた。
我ら将来のジジイ・ババアが心身健康で、若いもんに迷惑かけないようにせにゃならん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »