« 伝え方が9割 / 佐々木圭一 (ダイヤモンド社) | トップページ | 節分の風習 »

2018年2月 2日 (金曜日)

皆既月食

1/31は、満月が大きい「スーパームーン」、ひと月に二回満月となる「ブルームーン」、そして赤銅色の皆既月食が見られる「ブラッドムーン」の三つが重なる、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」でした。
 
夜の会食を終えてビルの下から空を見上げると、部分月食が始まっていました。
電車で帰宅したタイミングで、ちょうど皆既が始まりました。
赤銅色の満月が星空に浮かんでいました。
相方と寒がりながらベランダから月を見上げました。
 
皆既の時間が長く、僕がすぐに部屋の中に引っ込んでしまったのを見て、相方は「天文ファンのはずなのに熱意がない」とからかいました。
 
 
今日は天文年鑑を見ながら、二十四節気と月の満ち欠けを、カレンダーに入力しています。
明日が節分、明後日が立春(旧暦の正月)。旧暦の新年の準備を進めて目が冴えているのは、古来の日本人のエネルギーが目覚めているからかもしれません。

|

« 伝え方が9割 / 佐々木圭一 (ダイヤモンド社) | トップページ | 節分の風習 »

天文学・地学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/66350598

この記事へのトラックバック一覧です: 皆既月食:

« 伝え方が9割 / 佐々木圭一 (ダイヤモンド社) | トップページ | 節分の風習 »