« メガネが合わない | トップページ | 人間の未来 AIの未来 / 山中伸弥・羽生善治 (講談社) »

2018年3月19日 (月曜日)

連載: 私たちを科学する(5)

◾️集合的無意識

ユング派の心理学の本を読んでいて、僕は個々の心の底の無意識がさらに深いところでつながっていて、たくさんの生き物や自然現象の意識が「集合的無意識」としてつながっている。つまり、宇宙の意識を形成していると思えてきました。
子供の頃読んだ手塚治虫さんの漫画「ブッダ」にも、さまざまな命や意識が輪廻転生の中でつながっているという哲学・思想が流れていて、僕は子供ごごろに様々な生命のスケールや時間を超えたつながりの存在を感じていました。

今、オーストラリアでこの原稿を執筆しているのですが、アボリジニのアートを見ていたら、急にアボリジニの宇宙感が、今僕が掘り出そうとしている集合的無意識の宇宙感を表現したのではないかと思えてきました。
ちょっと考えがまとまらないのですが、なんだか興奮しています。
アボリジニの伝統的な哲学に関しては、日本で書籍を読んでもう少し勉強しようと思います。

意識が信号の循環であるならば、信号の循環と循環が渦が干渉し合うように影響し合うこともあるかもしれない。この複数の意識が少しずつ重なるということが、集合的無意識のつながりの、システム的な解釈です。

集合的無意識のつながりが意識の高いレベルまで及び、個々の自我が壊れてしまう症状、それが臨床医学で言うところの統合失調症であるのだろうというのが、僕の意識の工学からみた解釈です。
また、眠って夢を見ている時や、臨死体験のような特殊な脳の活動状態では、集合的無意識はおそらく表出しやすく、人は意識に集合的無意識のつながりを反映しやすくなっているのかもしれません。

(つづく)

|

« メガネが合わない | トップページ | 人間の未来 AIの未来 / 山中伸弥・羽生善治 (講談社) »

Science of Ourselves」カテゴリの記事

コメント

久しぶりにブログを拝見したら、オーストラリアに行かれたと書いてありました。どこに行かれたのですか。メルボルンなら親戚がいたのに。私もアボリジニーアートは大好きです。東京でもいたく感動したし、昨年お墓詣りもかねてメルボルンに行った時もアボリジニーのインスタレーション見て良かったです。

投稿: pico | 2018年4月 5日 (木曜日) 12時43分

>picoさん
ケアンズで二人しっぽりと滞在してきました。
ブログには書きませんが、今度機会があれば、写真お送りします。
2月の式のプロによる写真がまだ送られて来ず、まとまったらプリントしようと思っており、ご報告は遅れますがちゃんとお送りしますのでしばしお待ちください。
オーストラリア、いいところだったなぁ。

投稿: すうらい | 2018年4月 7日 (土曜日) 04時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/66516037

この記事へのトラックバック一覧です: 連載: 私たちを科学する(5):

« メガネが合わない | トップページ | 人間の未来 AIの未来 / 山中伸弥・羽生善治 (講談社) »