« 大阪北部地震 | トップページ | エッシャー展に足を運びました »

2018年6月19日 (火曜日)

大腸内視鏡検査を初体験

人間ドックで検便の2検体の内一つが引っかかってしまいました。便潜血となると、大腸がんの疑いが出てきて、47歳にしてまだ内視鏡検査を受けたことがなかったので、今回は受けました。
結果、大腸がんの心配はなかったので、ここに書きます。

検査の前日
エニマクリン食という、レトルトの食事を三食取ります。食物繊維を含まない成分の食べ物です。お腹が空いても、これ以外食べてはいけません。色のついたり、食物繊維を含むお茶は飲んではいけません。基本は水のみ。

検査の当日
朝食はもちろん抜き。
ムーベンという下剤の水溶液を2Lに4倍希釈して、2時間かけて飲みます。程なく腹が下り、水しか出なくなるまで腸が空っぽになります。
お腹の下りが治ったら、病院へ移動。病院でアトロピン水溶液という消化管の運動を抑える薬を筋肉注射され、本番の内視鏡検査です。当然肛門から内視鏡を入れ、腸管に空気を注入します。
お腹の中を内視鏡が動くのが分かります。突かれると痛い。あー、いやだ。
無事検査が終ると、僕の抜け殻が台の上に横たわっていました。
助手の美人の看護師さんに、「終わりですよ」と声をかけられて、ヨロヨロと立ち上がりました。
しばし休憩。
そしてその日のうちに、撮影した画像を医師と見ながら診断をもらいました。はー。

たぶん一時的な痔かなにかで検便に血が微量混じったようです。
大ごとになりましたが、一回受けてみて自分の腸の中を知ることも、大変有意義な経験になりました。

|

« 大阪北部地震 | トップページ | エッシャー展に足を運びました »

生活習慣病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/66848257

この記事へのトラックバック一覧です: 大腸内視鏡検査を初体験:

« 大阪北部地震 | トップページ | エッシャー展に足を運びました »