« 大腸内視鏡検査を初体験 | トップページ | 平原綾香のコンサートを聞いてきました »

2018年6月23日 (土曜日)

エッシャー展に足を運びました

エッシャー展を観るために、上野の森美術館に行ってきました。イスラエル博物館に収蔵されているマウリッツ・エッシャーの多数の作品を、日本に招聘して展示しています。
金曜の夕方に行ったら大混雑で、僕は行列をワープして急ぎ足で回りました。
もったいなかったな。会期中にもう一度足を運んで、今度はちゃんと図録も買ってきたい。

エッシャーの作品を観ていて、かつてのすうらい少年がエッシャーの作品に深く影響を受けて来たことを思い出しました。
今はどこかに散逸してしまった、すうらい少年のスケッチブックには、エッシャーへのオマージュとも言うべき球体鏡面やCG(Computer Graphics)チックな作品が残されていたはずです。
高校1年生くらいの時には、光線追跡法(Ray Tracing)によるCGのレンダリングを作るソフトウェアを、線形代数を応用してゼロベースで築こうとして挫折していました。
今でこそCGはスターウォーズやディズニーの作品など、広い分野で応用されていますが、その原理はエッシャーの鏡面反射や幾何学に通じるものなのです。

上野公園では、よく分からない宗教家が呪いのような演説をしていて、早足で立ち去りました。
そしてエッシャーの人生がホロコーストと関わっていること、展示されている版画がイスラエル博物館から招聘されたものである事が、なんだか僕をタナトスの方向に引きずり込みそうになりました。
展示を観て上野から地下鉄に乗るときも、歩く階段がエッシャーの絵画の世界に紛れ込んだ様に錯覚しました。

家内と人形町で待ち合わせ、お好み焼きを食べながら本物のビールを許してもらい、軽く酔っていい気持ちになり、タナトスは退散しました。
お好み焼き屋で僕の話を漏れ聞いていた別客が、「病んでるな」と言い残して帰って行きました。

早足で観てしまったの、本当にもったいない。
再度期間中にリベンジします。


エッシャー展の公式サイト

|

« 大腸内視鏡検査を初体験 | トップページ | 平原綾香のコンサートを聞いてきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/66859597

この記事へのトラックバック一覧です: エッシャー展に足を運びました:

« 大腸内視鏡検査を初体験 | トップページ | 平原綾香のコンサートを聞いてきました »