« 台風21号による被害 | トップページ | 実家のある地元のお神輿を担ぐ »

2018年9月 8日 (土曜日)

平成30年北海道胆振東部地震

6日午前3時8分ごろ、北海道胆振(いぶり)地方を震源とする地震が発生し、厚真(あつま)町で震度7、むかわ町と安平(あびら)町で震度6強を観測するなど道内各地が強い揺れに襲われた。政府によると厚真町などで9人が死亡した。同町では大規模な土砂崩れが発生して31人の安否が不明で、救出活動が続いている。このほか道内では家屋の倒壊などに伴い、けが人は約300人に上る。地震の影響で道内のほぼ全域295万戸が一時停電し、市民生活や経済活動に大きな影響を与えている。


(朝日新聞記事より抜粋)

|

« 台風21号による被害 | トップページ | 実家のある地元のお神輿を担ぐ »

天災メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成30年北海道胆振東部地震:

« 台風21号による被害 | トップページ | 実家のある地元のお神輿を担ぐ »