« 押上スパイスカフェで記念日 | トップページ | リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」 / 橋山禮治郎 (集英社e新書) »

2018年10月28日 (日曜日)

チーズの科学 / 齋藤忠夫 (講談社ブルーバックス)

先日、家内の友人と会食したお店が「Good Cheeze Good Pizza」という店で、そこで僕が「牛乳のコロイドを凝集させてチーズになる話」を披露して、別のお客の失笑を買ってしまった。
チーズの事をよく分かっていなかったので読んだ。意外と僕は食育が弱い。

料理は科学という見方もあるが、芸術という見方もある。楽しむことが大切だろうと思うので、ひとまず知ることを楽しもうと思った。

普段食べているのはプロセスチーズで、ナチュラルチーズという世界のチーズ事情も分かった。モッツァレラチーズを見て、こりゃ何だと思っていたから。乳酸菌の働きも知った。
乳製品のカルシウム効果がニセモノだと家内は言うが、これを機会にチーズを色々買おう。専門店も足を運べばあるようだ。

そうすると、ワイン飲みたくなるのかな。そこが問題だなぁ。

|

« 押上スパイスカフェで記念日 | トップページ | リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」 / 橋山禮治郎 (集英社e新書) »

本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チーズの科学 / 齋藤忠夫 (講談社ブルーバックス):

« 押上スパイスカフェで記念日 | トップページ | リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」 / 橋山禮治郎 (集英社e新書) »