« 古事記でめぐるご利益満点の旅 開運!神社さんぽ / 上大岡トメ+ふくもの隊 (泰文堂) | トップページ | 七草粥を食べる »

2019年1月 6日 (日曜日)

はじめて読む人の古事記 / 今野華都子 (致知出版社)

前から気になっていた本。古事記の倭の文章を現代語訳して、漢字にはふりがながつけられており、古事記の入門書として読みやすかった。
子どもの頃、イザナギとイザナミの神話を聞いて、「なんだよ、宇宙はビッグバンから始まったんだぞ」とバカにしていた。生意気なガキだった。
でも、日本の奥ゆかしさが歳を経て分かってきて、古事記の世界・日本の成り立ちの有り難みがようやく分かってきた。
2019年はお伊勢参りをしようかと計画している。

|

« 古事記でめぐるご利益満点の旅 開運!神社さんぽ / 上大岡トメ+ふくもの隊 (泰文堂) | トップページ | 七草粥を食べる »

本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめて読む人の古事記 / 今野華都子 (致知出版社):

« 古事記でめぐるご利益満点の旅 開運!神社さんぽ / 上大岡トメ+ふくもの隊 (泰文堂) | トップページ | 七草粥を食べる »