« 前向きのウォーキング | トップページ | 朝活3日目 »

2019年2月 3日 (日曜日)

浅草で江戸の空気を楽しむ

昨晩は友人の案内で浅草でねぎま鍋を食べてきた。
友人は神輿をライフワークとしている、江戸っ子の粋な輩だ。
そいつが教えてくれた店は、
浅草一文


カツオだし、醤油、みりんベースの出汁に、立派な千住ねぎと野菜を煮込み、鮪の切り身を仕上げに通して頂く。トロトロのねぎの甘味に、鮪トロの脂がからんで旨い。
ネットで紹介を読むと、江戸時代は鮪刺しの保管技術がなかったので、トロは捨てていた。それを煮て頂くのが、江戸のエコな社会だった。
ちなみに、鮪のなかおちも食べてみたが、なかおちの骨にへばりついた部分を、ハマグリの貝殻で削って食べる。食品廃棄物ゼロのエコ社会、江戸。

ずっしりとした現代食に比べると、少しまだ食べられそうな気がするが、それも昔にタイムスリップしたみたいでいい。武士は食わねど高楊枝の時代。俺、江戸にタイムスリップしたら、できる仕事は何かあるかなぁなどと妄想した。

浅草寺と浅草神社にも参拝し、なんだか良い会だった。

|

« 前向きのウォーキング | トップページ | 朝活3日目 »

洗足池のほとり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅草で江戸の空気を楽しむ:

« 前向きのウォーキング | トップページ | 朝活3日目 »