« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月27日 (火曜日)

泣かせるコード進行のギター

現在のギターを習っている先生から学んだことは、人間は「酔うこと」「自己陶酔すること」が大切だってことだ。

 

ギターのコード進行を創るにあたり、特定のパターンを学習すればそれらしい進行ができてしまう。この創作作業は人工知能(AI)にもできてしまうだろう。好きなアーティストの曲をAIに解析させれば、おそらく「クラプトン.bot」みたいのも可能になるだろう。

しかし、人間がギターを鳴らして創作を行うと雰囲気に酔うことができる、となんとなく音楽の人間力の奥深さが伝わってきた。

 

この先生はとても酒が好きで酒量も多く、職場の後輩を引き連れて飲みに行くと、ウイスキーのボトルを一本以上空けるらしい。

それだけに、酒にも音楽にも酔うことが好きな人だ。

 

ちょっとアルコールを飲んで、ギターを弾きながら自己陶酔できるようになれるといいな。

これは焚き火の炎を眺めながら、友と音を鳴らして語り合うのとイメージ的には似ている。

人間は人生の中で酔うことができる。

 

僕が節制で失ったこと、それは酔うことだ。僕には酔いが足りない。

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日曜日)

都市生活の夏休み

公営の図書館で涼みながら勉強をし、友達の約束には電車で移動して、夜はマンションに帰る、という生活を繰り返しています。

朝早い時間は、スズメの鳴き声を聴くことができます。日が昇るとセミの声にとって替わります。朝食の時に、日本野鳥の会監修の鳥の声のCDをかけて休日の朝の気分を出しています。

1日の時間配分は、なんとなく昼まで図書館に座って、午後はフリーといった、自宅近辺で完結することしか考えていません。

遠出した場所といえば、友人の住む埼玉県、青山の創作レストラン、東京の実家、銀座のお買い物といったところです。

スマホとPASMOがあれば、何不自由なく暮らせます。

 

でも、何かが足りない。

その足りない何かが、具体的に何か分らない。

 

旅の未知への期待。

自然の風・香り。夜の匂い、虫の声。山で出会う知らない鳥の鳴き声。

冷たい川の水、波の打ち寄せる音、登山道を踏む靴音。

焚き火のはぜる音、屋外で舐めるウイスキー。

 

少し散歩に行ってきます。

 

 

河川敷を歩いてきました。今朝はイヤホンなしで、五感を澄ましました。

トンボが飛んでいました。朝は秋の虫が鳴いています。もうすぐ処暑。すこしづつ秋になってきています。

9a17cfdecd034f2fbcb023ece848e0b0 

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土曜日)

東京にて受験生みたいな夏

今年の夏休みは、休み明けに資格試験の受験日を設定してしまったので、図書館に通ったりしながらマイペースで東京にて過ごします。もちろん友人や家族との時間もあります。

家内も先月まで体調を崩したりしていたので、このお盆は大阪への帰省はしないことになりました。

 

少し遡って7月末に、TOEICListening/Readingの試験を受けました。TED talkを毎日聴いて準備したのですが、結果はどうだったでしょうか。今月末に分かります。試験中は3時間くらいトイレに行けなかったのですが、なんとか集中力を保ちました。

 

梅雨明けの暑さと冷房で、自律神経のコントロールがうまくいかない時期があり、漢方薬(補中益気湯)を処方してもらって回復しました。無理の効かない年齢になってきのでしょうか。おかげでテニスのレッスンにしばらく行けないことになりました。

夏休みに振り替えが効けば、勘を取り戻したいところです。

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »