« お米屋さんで食育を受ける | トップページ | 0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書/ 落合陽一(小学館) »

2019年9月23日 (月曜日)

神輿を撮って、縁日で遊ぶ

洗足池の秋祭りでもお世話になっている旧友が、中野の氷川神社のお神輿を担ぐというので、カメラを下げて応援に行ってきた。

 

こいつの不思議なところは、神輿の遠征で何かの縁を繋いでいるように見えるところである。神輿仲間との仲を深めることはもちろんそうであろうが、応援に行く我々までも、その神社となんらかの縁が繋がっているような気持ちになるのである。

 

縁日では家内とかき氷を分け合って食べた。最近のかき氷は、蛇口の付いたタンクからシロップを自分で好きなようにかけられる。僕はブルーハワイとカルピスのシロップを、家内はレモンのシロップをかけ足した。色が混ざって、溶けると緑の氷水になった。

|

« お米屋さんで食育を受ける | トップページ | 0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書/ 落合陽一(小学館) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お米屋さんで食育を受ける | トップページ | 0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書/ 落合陽一(小学館) »