洗足池のほとり

2019年9月29日 (日曜日)

勝海舟記念館がオープン

今年9月にオープンした、勝海舟記念館に足を運んでみました。

僕が通っていた中学校の隣に、謎の建物があって何に使われていたのか知らなかったのですが、それが旧清明文庫であることを知りました。また中学校の敷地が、勝海舟の別荘だったことも知りました。

ひっそりと残されていた墓地を歴史の記念館としてクローズアップしてくれたことは、洗足の風致のためにも素晴らしいことだなあと思いました。

9d2ae986d83f4f8182f551b3cff911a5

D983be0204934df8b563b8a6dd7d71fd

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月曜日)

洗足池八幡宮の秋祭りでお神輿を担ぐ

今年も洗足池八幡宮の宮神輿を担がせていただきました。

今年は裏神輿で、一基の宮神輿を町内を巡幸させます。今年は種々の事情で規模を縮小し、桜新道と池月は車で運んでスルーしました。その代わりに宮入りが17時になりました。

台風15号(ファクサイ)が関東を直撃することになっていて、雨が降ってきたら中止になるかもしれない宮入りでしたが、無事に渡御を終えました。

お囃子の流れる中で揉む神輿、提灯の灯りには、やはり日の落ちた時間が風情があるように思います。体力は限界に近く、一日中回るのはしんどいですが。

 

渡御を終えて、実家でシャワーを浴び、電車が止まらないうちに帰りました。

来年も参加させていただこうと思います。来年は表神輿。車でスルーした睦も、きっと神輿が出るでしょう。

| | コメント (0)

2019年7月27日 (土曜日)

実家の草むしり

実家の裏が雑草のジャングルになっていたので、近々草むしりをしないといけないと思っていました。

除草剤をネットで買ったらすぐ買えた、と言うので、その「グリホサート」について調べたら、散布した葉から除草剤が吸収されて庭の植物が全滅するので、使用を止めてもらいました。雑草はほとんどがドクダミです。でもその中に実家に縁のある植物が育っているので、それを枯らしたくありませんでした。

以前の記事:http://suulai.way-nifty.com/blog/2019/01/post-524b.html

 

今週の雨の後、70歳の母がドクダミを抜いたらすぐ抜けたとのことで、金曜日の今日は残りの応援に行ってきました。

でもすごい陽射しで熱中症の危険があったので、雑談するに留めて帰ってきました。ただし、庭いじりの道具をネットで発注しておきました。

ハナカイドウが脚立でも届かない高さに伸びでいるので、高枝ノコギリを発注。高枝切りバサミはありました。ただ太い枝は切れない。あと、植木ハサミが生垣を刈り込むような巨大な奴しかなかったので、片手で使う剪定ハサミを発注。それとテミを2つ。

 

後はお盆休みに残りの草むしりと刈り込みをします。

雨上がりの涼しい日が1日あれば、すぐ終わるんじゃないかな。秋に延ばしてもいいしな。

ヒサカキは剪定してお供えに使えばいいし、千両・万両は正月に剪定して活ければいい。

保存する植物に公園のようなネームプレートも付けたいし、できればハナカイドウには鳥の巣箱を設置したい。色々ビジョンが膨らんでおります。

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土曜日)

新しい始まり

先週用事があり、実家に帰ってきました。

夜が遅かったので、洗足池の桜は今年は見逃しました。

ただ翌朝、庭の植え込みの花海棠(ハナカイドウ)が満開に咲いているのを見ることができました。

樹齢は40年以上になり、まっすぐ上に伸びた枝に至っては、もはや枝切り鋏が届きません。

春がやってきました。

 

Img_20190406215736

 

 

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日曜日)

浅草で江戸の空気を楽しむ

昨晩は友人の案内で浅草でねぎま鍋を食べてきた。
友人は神輿をライフワークとしている、江戸っ子の粋な輩だ。
そいつが教えてくれた店は、
浅草一文


カツオだし、醤油、みりんベースの出汁に、立派な千住ねぎと野菜を煮込み、鮪の切り身を仕上げに通して頂く。トロトロのねぎの甘味に、鮪トロの脂がからんで旨い。
ネットで紹介を読むと、江戸時代は鮪刺しの保管技術がなかったので、トロは捨てていた。それを煮て頂くのが、江戸のエコな社会だった。
ちなみに、鮪のなかおちも食べてみたが、なかおちの骨にへばりついた部分を、ハマグリの貝殻で削って食べる。食品廃棄物ゼロのエコ社会、江戸。

ずっしりとした現代食に比べると、少しまだ食べられそうな気がするが、それも昔にタイムスリップしたみたいでいい。武士は食わねど高楊枝の時代。俺、江戸にタイムスリップしたら、できる仕事は何かあるかなぁなどと妄想した。

浅草寺と浅草神社にも参拝し、なんだか良い会だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水曜日)

実家で元旦を過ごす

正月に実家に帰ってきました。
庭に狭いけど植え込みがあり、その植生について母が語ってくれました。
祖母の没後、除草剤を使わずに何年もそのままにしているので、雑草が生い茂っています。
でも雑草の中に思い入れのある植物がいるので、メモしておきます。今度機会のあるときに、公園みたいにネームプレートを付けようかと思っています。

・ハナカイドウ
春に可憐な花を満開に咲かせる。かつて足の不自由だった叔母は、洗足池の桜を見に行けなかったので、この木の下で花見をした。

・千両、万両(センリョウ、マンリョウ)
正月の生け花によく使われるという赤い実を付ける。実の枝の向きで、千両か万両かが違う。ひと枝持って帰って一輪挿しにしたら、正月の縁起の良い感じになった。

・ヒサカキ(姫榊)
サカキとして神棚や仏壇に供えていた植物。ヒサカキは非榊とも書くらしいが、東北より北ではこの姫榊がサカキとして使われた風習があるらしい。北海道から上京した祖母らしい植物。

・ガクアジサイ
梅雨の時期に花を咲かせる。
僕の愛犬が死んで火葬した後、のど仏を埋めて祖母が植えてくれたもの。アジサイを選んだのは、僕がアジサイの色が好きだったから。現在は高い背丈に茂っている。

・フクジュソウ(福寿草)
雑草に埋もれてどこかにいるらしい。
叔母が愛した「日陰に咲く、一輪の花」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月曜日)

実家のある地元のお神輿を担ぐ

今年も洗足池の秋祭りに参加させていただきました。平成最期の例大祭です。
今年は偶数年なので、蔭(かげ)宮となるそうで、宮神輿は全町内1基だけを回し、うちの睦は自治会の神輿を小さく担ぎました。
自治会の皆さんにはすっかりお世話になり、お酒やお食事をいただきました。

今年は家内が実家を訪問し、母と嫁で自治会の方に顔を見せることができました。
なんとなく家庭環境がうまく行きそうな予感がして、神輿の中休みに風に吹かれて、良い感じになりました。

今回、反省点が。
缶ビールを飲みすぎて、友人が途中から行方不明になりました。祭りの町内の移動は二人で行動すべきだったかとも思うのですが、あいつに丸一日付いていくの、かなりしんどいな。
麦茶を3杯飲ませたから、ベストを尽くしたと思おう。
ちなみに後日、安否確認は取れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日曜日)

初めて夫婦で墓参り

家内と二人で、初めてすうらい家の墓参りをしました。
気温35℃を越す猛暑で、熱中症注意報が出ている晴れの日でした。
家内とご先祖に手を合わせました。
新しい家族をご報告できて良かった。

帰りには実家に寄り、母の手料理をごちそうになって、色々話し込んできました。

この三連休は、なんだかお盆休みみたいな気分です。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火曜日)

秋祭りのお神輿、参加できず

先週後半は、疲れが取れず辛かったです。水曜のテニスをサボってしまった。。金曜も体力切れ。
この土日は、予定では洗足池の秋祭りでした。当初は参加させてもらうつもりで日程を空けていたのですが、プライベート上のブッキングで、帰省できませんでした。地元の方には、「来年こそはまたお願いします」と、一報しておきました。
 
というわけで、酒によるダメージは免れ、一週間が始まっています。
洗足池八幡宮に、何かの機会に参拝しよう。  
 
墨田区の路上のコスモスが街路樹の陰に揺れています。
涼しくなり、ポロシャツの季節はそろそろ終わりかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木曜日)

朝の散歩

体を動かすことが必要なことは重々分かっていました。
最近、酒を控えめにしているので、朝無駄に早く目が覚めます。旅先では自然の中をウォーキングしていました。
この朝の散歩習慣、続けてみよう。
 
今朝は実家で迎えたので、洗足池の周りを歩きました。
 
ツツジ
 
ヒメジオン
 
アヤメ
 
アヤメ
 
アヤメ
 
コデマリ
 
 
キンモクセイ
 
モッコウバラ
 
 
 
昼は眠いですが、15分でも眠れれば回復します。
今日は移動や買い物で、1万3千歩超えました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧